【中学生の時、児童相談所で判定を受けたきり病院受診歴なしで新たに受診(軽度知的障害 広汎性発達障害 )】

<< カテゴリーへ戻る

精神的なご病気『知的障害・発達障害』

【中学生の時、児童相談所で判定を受けたきり病院受診歴なしで新たに受診】

◆ご病名 軽度知的障害 広汎性発達障害 20代男性

両親とはほとんど連絡取れず。ご本人も過去の記憶が曖昧で幼少期の頃や児童相談所に行った経緯もよくわからず・・・
中学生の時、児童相談所で「精神遅滞軽度、被虐待児、広汎性発達障害」と判定を受けたというが、詳細不明。その後、一切病院にもかからず、20歳を超えたため、現在は養護園を卒園。その後になんとか働いていた職場を辞めてしまい、ご本人と知人で弊所のHPを見つけてくださり、障害年金請求をしたいが何をどうしたらいいかさっぱりわからないとのご連絡をいただいた。

◆結果 事後重症 障害基礎年金2級決定

被虐待児で小学生の頃から養護園で生活していたことから、ここで何か記録があるかもしれないと思い、養護園の園長にご協力いただき、幼少期から学生までの様子、児童相談所への経緯を伺いました。また、児童相談所でも判定の記録を入手できましたので、細かな心理データを入手できました。あわせて、ご本人から知的障害や発達障害を専門にしている病院に電話をして、受診の予約を取っていただきました。

◆ポイント

医療機関の受診歴はありませんが、児相で知的障害に判定を受けているので初診日は生年月日となります。また、家庭の事情等でご両親からお話を聞けない、ご自身もなんだかの理由で記憶がほとんどない、思うように話せない、など諸事情がある場合、養護施設等で教えてもらえる範囲で経緯を伺い申立書を作っていきます。諦めず、なんとか糸口を探しながら対応させていいただきます。