【20歳時、ご自身で知的障害で請求し不支給、今回自閉症で支給が決定(自閉症スペクトラム障害)】

<< カテゴリーへ戻る

精神的なご病気『知的障害・発達障害』

【20歳時、ご自身で知的障害で請求し不支給、今回自閉症で支給が決定】

◆ご病名 自閉症スペクトラム障害 20代女性

幼い頃から集団行動が苦手であったが、中学校までは普通学級。
進路の際、精神科で検査をしたところ、不安障害と知的障害と診断をされ、高等は高等支援学級に進学。20歳時に自分で障害年金を請求するも不支給。今一度、障害年金の請求をしたいと就労を支援する事業所の相談員さんからの紹介でご連絡。

◆結果 事後重症 障害基礎年金2級決定

前回請求時は「知的障害」と言われていましたが、現在の病院では「知的障害」ではなく「自閉症スペクトラム障害」と診断。
高等支援学校卒業後障害者雇用で3年働きましたが、その会社でのトラブル等で現在気持ちの落ち込み等が強く、精神状態があまりよくないということがわかりました。
また、現在の病院と最初の病院で検査をした時のIQが40も差があり、現在の病院では、「知的障害」というレベルの数値ではないため、「自閉症スペクトラム障害」であると言われました。現在は、不安や落ち込みが強くなっていることも併せてしっかり診断書に書いてもらいました。

◆ポイント

特に知的障害のように、生涯を通してそれ程症状に変化のない障害であって20歳での申請の方の場合、この1回目の申請は慎重にやるべきと考えます。当初、医師に病状を軽く捉えられている気がするとお母様がおっしゃっていらっしゃいましたが、最終的には的確な診断書をご記入いただけました。もちろん、診断は医師がするものですが、短い診察時間だけでは現状がきっちり伝えきれていないケースも見受けられます。まずは、家での様子等、的確な現状を医師にお伝えすることが大事です。

◆ポイント

IQは、通常は極端に変化するものではありませんが、検査をするときの体調等によって、多少数値が異なることはあるようです。この時は1回目に検査した時の病院が既に廃院しており、詳しい事情わかりかねますが、IQの問題だけではなく、「自閉症スペクトラム障害」のような発達障害での請求も可能です。診断書を依頼の際は、身の回りの困りごとをきちんと整理して医師に伝える必要があります。