【相談室からの勧めで。ご自身は「たぶん無理だろう・・・」と仰りながらの申請で2級決定(広汎性発達障害 多動性障害 )】

<< カテゴリーへ戻る

精神的なご病気『知的障害・発達障害』

【相談室からの勧めで。ご自身は「たぶん無理だろう・・・」と仰りながらの申請で2級決定】

◆ご病名 広汎性発達障害 多動性障害 40代女性

小、中、高と普通学級。専門学校卒。幼い頃からこだわりは強かった。
自身の子供が発達障害と診断をされたことで、他者からも受診を勧められてご本人も受診。発達障害であることがわかった。子供3人の子育てに翻弄され、特に発達障害を持っている子供に対しての関わり方がわからなくなり、日常生活にも支障をきたしていたことから、相談室が介入。障害年金の相談に発展した。

◆結果 障害認定日 障害基礎年金2級決定

現在は子供にあたってしまう事が多く、感情のコントロールができないことがある他、食事の用意はヘルパーを導入、また、常に祖父母の援助も受けているということがわかりました。そこで、ヘルパー導入していることや、子育てには親族からの手助けが必要不可欠であることなどを細かく記載した申立書を作成しました。

◆ポイント

「現在子育て中」とだけ聞くと、子育てができている(介護についても同じ)ということは、それほど重度ではないのではないか?と思われかねません。実際には、特に小さなお子様をお育てになりながら精神疾患を抱えている場合、その大変さは計り知れないもの。決して程度が軽くてできているのではなく、病を押して相当に無理をしてギリギリの状態でやっている方もいらっしゃることでしょう。外部の介入が一つの光になることもあります。相談室等に入ってもらい、ヘルパー導入などをすることも一つの選択肢でしょうし、障害年金の対象になれば、少しだけ経済的余裕もできます。一人で抱え込まないで、まずはどの機関でもいいのでお声がけください。もちろん私から他の機関にお繋ぎすることもできますよ。