【一旦不支給決定を受けてわずか4ヶ月後に余命宣告】
障害基礎年金2級決定◆胃癌 50代女性


約3年前に胃癌を発症。
癌でも障害年金の対象になることがあると知人に聞き、一旦障害基礎年金を請求したが、程度が軽くて該当しないとして不支給。
不支給決定を受けたわずか4ヶ月後に病状が進行してしまい、医師から余命宣告を受ける。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もう一度、年金請求をしたいとのことで病床からご連絡を受けました。
ご本人様はとても冷静にご自身の状況を受け止めていらっしゃり、「急がないと間に合わない」と私におっしゃりました。
年金は月単位の受理ですので、「末日」に出すと今月受理扱いで、年金支給が決まった場合は翌月から対象になります。
しかし一日ずれて「1日」に出すとさらに翌月から年金支給の対象になります。
こういった事後重症請求の場合は本当にスピードが大切になります。
この方の件は2週間ですべての書類を揃えて、ご依頼いただいたその月の「30日」に提出が完了しました。

結果 事後重症請求として障害基礎年金2級決定!

残念ながら、翌月にお亡くなりになってしまわれたので、ご遺族の方に1ヶ月分の年金が「未支給年金」として支払われました。
もう少し早くご連絡をいただければ・・・と悔やまれましたが
「30日」に提出を間に合わせることができたことで、1ヶ月分の年金はご遺族様の手に渡り、ご遺族様は「1ヶ月分でも気持ちがありがたい」とおっしゃっていただきました。

がんのように進行性のご病気の場合、どのタイミングで申請するか。
そして、今、申請すると決めたら、スピードが最も大事になります。
まずはご連絡ください。