【会社に在籍中で休職している時に請求。】
障害厚生年金3級決定◆乳癌 50代女性


約6年前に乳癌を発症し、手術を受ける。
約3年前に再発し、通院しながら仕事を続けていたが、多発骨転移、肝転移、肺転移が判明し、入院。
入院治療中、知人から障害年金制度のことを聞いた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご入院中でしたので、病院に伺ってお話をお聞きしました。
ご本人は、在籍中は障害年金を受給できないと思っていたとのことでしたが、
障害年金は、会社から報酬を受けていたり、在籍中でも実際のご病状に対して出るものなので受給できる可能性があることをご説明したところ、ぜひやってみたいとのことでしたので、すぐに初診の病院の証明等、書類集めにかかりました。
病院の書類作成の時間3週間弱で、すべての書類を揃えて、ご依頼いただいたその月のうちに提出を完了。

結果 事後重症請求として障害厚生年金3級決定!

年金決定後は、お仕事をお辞めになり、ご自宅で療養なさることになりました。

時々、老齢年金と思い違いをなさって、「年金と給料は同時にもらえない」と思われる方がいらっしゃいますが、
障害年金とお給料は調整されません(20歳前傷病の支給停止事由を除く)。

ご入院中の方の場合、ご希望であれば、病室や病院のデイルーム等でお話を伺うことも可能ですので、お気軽にお申し付けください。