【20歳の誕生日を待って請求!】
障害基礎年金2級決定◆自閉スペクトラム症 軽度知的障害 20代女性


3歳児健診の頃、知的障害を伴う自閉症と診断を受けたが、小学校は教師や周りの協力もあり普通学級で通学。
中学校から特別支援学級に通い、その後、高等養護学校へ進学。
15歳までは、定期的に児童精神科を受診していたが、その後、医療機関にかかることは無かった。
今般、障害年金請求のために、5年ぶりに受診。
現在は、就労移行支援事業所で軽作業を行なっている。作業工賃は、月に2千円程度。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
知的障害については、発症日は「生年月日」となり、初診日も診察を受けた時期は関係なく、「生年月日」です。
また、障害認定日は、「20歳に達する日(20歳の誕生日の前日)」となり、診断書としては、この20歳に達する日の前後3か月以内の現症日を記載していただいた診断書が有効になります。
この方のように、知的障害等で特に薬の処方の必要が無い場合は、病院に継続受診をしていないことも多いです。
受診していない期間が長い場合は、場合によっては複数回の受診が必要な場合もありますし、20歳の誕生日頃に受診できるように前もって病院を予約し、近況等をしっかりと医師に伝えることが大切です。
この方の場合、20歳に達する日を待って、予め用意していた書類をすぐに提出し、受理されました。

結果 障害認定日(20歳に達する日)に障害基礎年金2級が決定!

スピーディーに手続きが完了してよかったとおっしゃっていただきました。

20歳の誕生日を待って、すぐに提出することができれば、それだけ早く年金を受給することができます。
診断書は、病院にもよりますが、どんなに急いで書いていただいても、通常は依頼から出来上がりまで、数週間から1ヵ月を要します。
早めのご準備をお勧めします。