【遷延性意識障害での請求!】
障害基礎年金1級決定◆蘇生後脳症 遷延性意識障害 20代男性


先天性水頭症等あり。通院を続けながらも中学校1年生までは通常通りの生活を送る。
しかし、12歳の頃、けいれん、心停止となり、蘇生後、遷延性意識障害と診断をされる。
気管切開、人工呼吸器、胃瘻。
現在は、家族の強い思いもあり、在宅にて療養中。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
遷延性意識障害とは、

疾病・外傷により種々の治療にもかかわらず、3か月以上にわたる
①自力移動不能
②自力摂食不能
③糞便失禁状態
④意味のある発語不能
⑤簡単な従命以上の意思疎通不能
⑥追視あるいは認識不能の6項目を満たす状態にあるものをいう
(脳神経外科学会1976)

とあります。

上記6つのすべての項目に当てはまり、初めて遷延性意識障害とみなされるので
起き上がることができない、会話ができないといっただけでは、認められません。
この方の場合は、先天性の疾患であり、20歳前傷病での請求なので、障害認定日は20歳に達する日(20歳の誕生日の前日)になるので、20歳に達する日を待って請求しました。

結果 障害認定日(20歳に達する日)に障害基礎年金1級が決定!

ご家族様は、日々、ご自身の仕事と介護で時間に追われており、面倒な手続きを全て任せられて良かったとおっしゃっていただけました。

障害年金制度では、初診日から1年6か月を経過した日を障害認定日とし、この認定日が過ぎないと障害年金の請求ができませんが、1年6ヶ月を待たなくても請求ができる特例がいくつかあります。
その一つが、医師に遷延性意識障害であると診断をされた場合です。
この場合、初診日から1年6か月を経過していなくても請求できます。

※障害年金制度において、遷延性意識障害の程度を認定する時期は、「その障害の状態に至った日から起算して3月を経過した日以後に、医学的観点から、機能回復がほとんど望めないと認められるとき(初診日から起算して1年6月を超える場合を除く。)」とされており、遷延性意識障害と言われてから3か月経過ではありませんのでご注意ください。曖昧に書かれている記事も多いので、ご不明点がある場合はお問合せ下さい。