【再発した乳癌の障害年金事例】
障害基礎年金 事後重症2級決定◆乳癌 30代女性


約6年程前にしこりを感じて自らクリニックを受診したところ、乳癌と診断をされ、すぐに当時住んでいた地域のがんセンターを受診。
同院で手術を受け、抗がん剤治療、放射線治療を受けている間は非常に体調が悪かったが、一旦一通りの治療が終わった頃、体調は元通りに近いくらい回復した。
治療が一段落した頃、引っ越しが決まったが、あまりに調子が良かったために、引っ越しを機会にしばらく受診を休んでいた。

約2年弱、通院していない期間があった後、なんとなく引っ越し先で経過観察を再開した1年後に再発が判明。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
受診していない期間が2年弱。
いわゆる寛解とは言えない状態であったが、その間普通に就労はしていた。
最初の受診の時は国民年金の被保険者。引っ越し先で新たに受診した時は、厚生年金の被保険者であった。

1 再発がわかった病院の初診日であれば厚生年金で請求ができる。
2 しかし、受診していない期間はわずか2年弱。また、医師から寛解と言われて受診しなかったわけではなく、引っ越しを機に自ら受診を中断していた。
3 年金事務所では、3級程度と言われていたため、厚生年金での請求ができないと年金受給ができないとご本人が思っていらした。(←弊所にいらしていただいた時)
ご本人は「自分は3級程度だから」と思い込んでいらっしゃいましたが、よくよく細かな治療や状況を聞くと、ひょっとして2級程度に該当するのでは?と思われました。
また、受診してない期間も短かったことから、受診していない期間だけをもって社会的治癒を認めてもらうことは難しいと考え、まずは医師に医学的初発の乳癌と後発の乳癌に因果関係があるのかどうかということを確認したところ、「因果関係はある」とのことでしたので、最初に違和感があって受診したクリニックを初診として障害基礎年金で請求をしました。

結果 初診日は最初のクリニックで認められ、事後重症で障害基礎年金2級が決定!

障害基礎年金と障害厚生年金では、確かに金額も変わりますし、障害基礎年金には3級が無いのでなんとしても厚生年金の時の初診日にしなければと思われるのもわかるのですが、がんも場合によっては、基礎年金で2級がつくこともあります。

また、医学的に因果関係があると医師が認めている場合には、そこで無理に再発時を初診とせず、素直に最初のクリニックを初診にして請求した方がよいです。
このケースでは、程度をしっかり反映した診断書を医師に記入してもらい、申立書もしっかりと構築しました。
そうしたことで思っていたよりもとても早く(2ヶ月程度)で2級が決定しました。

無理に厚生年金にこだわって前に進めないより、やりようのある方法で請求をした方が、良い結果に繋がることもあります。
まずはご相談ください。