【脳血管疾患1年6ヶ月経過を待たず初診から6ヶ月経過後症状固定日を障害認定日とし認定日決定!】
障害基礎年金 (1年6ヶ月より前の)障害認定日で2級決定◆脳梗塞 30代女性


国民年金期間に脳梗塞を発症。
ご連絡いただいた時点で初診から1年6か月未満。
1年6ヶ月経ったら障害基礎年金の請求をしたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
上記の流れで、相談室の方からのご紹介でお話を伺いました。
ご本人及び相談室の方のお話から

1 脳梗塞のため、初診から1年6ヶ月経過していなくても、初診から6ヶ月経過後であって医師が症状固定と認めた場合はその日を障害認定日と出来る可能性がある。
2 障害者手帳を最初取得した時は2級、1年3ヶ月経過したところで症状固定で1級に変更となり、その時に「永久認定」となっている。
3 初診から現在まで1つの病院である。

ということがわかりました。
そこで病院担当者に掛け合い、初診から6ヶ月経過し、医師が症状固定と認めたであろう1年3ヵ月目の診断書を取れるかどうか確認しました。
医師の判断により、永久認定であるのでこの時点で症状固定であるとした診断書を記載していただけました。

結果 1年3ヶ月目のところを障害認定日として障害基礎年金2級が決定!

医療機関を転院してる場合など、初診の状態から現在までの途中経過がわからないから、途中段階では症状固定とは言えないという返事をいただいてしまう場合もあるかとは思いますが、上記のように1つの医療機関であって、悪化してから症状固定として1級になり再取得、その時に「永久認定」となっているのであれば、そこが症状固定であると十分に主張できることがあります。
ご本人及び相談室の方は、最初の段階では「まだ1年6ヶ月経っていないんですけど~」と遠慮気味にご連絡をして下さいました。

しかし、結果的に3ヶ月分ですが年金額も多く、早く申請できたので、障害を抱えながらも自立に向けての一歩を早く踏み出せたとおっしゃっていただけました。
全てのケースが当てはまるとは言えませんが、脳血管疾患の場合は、特例の障害認定日が該当する場合もあるので、早めにご相談下さい。