【高校生の時の初診から2件目の病院まで、受診していない期間が7年2か月間】
障害基礎年金 事後重症2級決定◆双極性感情障害 30代女性

高校生の時に初診あり。しかし既にカルテはなし(日付入りの薬の明細は残っている)。
高校卒業後、正社員での仕事も経験するも再び体調を壊し、前回受診から7年2か月後に別の病院を受診。
以後、転院しつつ病院受診を継続していた。
なかなか社会復帰の目途が立たず、障害年金の請求をしたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
可能であれば障害認定日での遡及請求も考えてるとのことで、通院先のソーシャルワーカーさんからの紹介でご連絡。
ご本人及びご親族のお話から、

1 7年空いた後の初診日の時期は、国民年金の被保険者期間(保険料納付要件問題なし)であるので、その時期が初診であっても障害基礎年金での請求となる。
 高校生の初診の時はわずか2回しか受診していなかった。
3 2つ目の病院の初診から1年6か月後くらいであれば、受診していたかもしれない。(ご本人の記憶から)

ということがわかりました。
そこでまずは2件目の病院でカルテの有無を確認したところ、カルテはあったものの、認定日の診断書として有効な初診からちょうど1年6ヶ月経過した日から3か月以内には受診歴はなかったことがわかりました。

当初、認定日請求をご希望されていたので、2件目の病院の受診状況等はかなり細かく医療機関に確認をさせていただいたのですが、障害認定日頃の前後を通して受診歴はほとんどなかったため、認定日診断書をご記入いただくことが不可能であることがわかり、ご本人にご説明しました。
たくさんたくさんお話をして、最終的には、ご納得の上、事後重症請求での請求となりました。

結果 2件目の病院が初診日となり、事後重症で障害基礎年金2級が決定!

もちろん、認定日請求が可能なのであれば出来る限りご希望に沿った請求ができるように頑張りますが、どうしてもできない場合は、必ずご納得がいくまでお話し合いをして、ご請求に繋げています。
事後重症とか、遡及請求とか、20歳前とか、どうしても難しい名前が出てくるので、依頼者様がわからないままに請求が独り歩きしないように、都度都度のご報告と話し合いを大切にしています。