【休職中に請求。共済年金と厚生年金が統合した平成27年10月より前に認定日がある事例】
障害厚生(共済)年金 障害認定日で3級 事後重症で2級決定◆反復性うつ病性障害 30代男性

現在休職中で傷病手当金を受給しているが、職場復帰の目途が立たず障害年金の請求をしたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご本人はご入院中で、入院先からご連絡をいただきました。

ご本人のお話から、

1 初診は、公務員の時期であるため、共済年金での請求となる。
2 障害認定日と現在の病院は異なっているが、初診の時から継続して病院を受診している。
3 認定日以降も何度も休職を繰り返しており、現在の方が症状が悪化していると思われる。
ということがわかりました。

入院先の病院では、すぐにでも障害年金の診断書を書いて下さるということでしたので記載をお願いしましたが、認定日頃の病院は、あまり障害年金用診断書を記入したことが無いとのことで、なかなか記入が大変そうでした。
ご本人様の現在の状況をお伝えして、当時のカルテより、出来る範囲での診断書記入をお願いしました。。

結果 障害厚生(共済)年金 障害認定日3級 事後重症2級で決定!

認定日診断書の事務的訂正、確認、医師への照会事項等、かなり書類の行ったり来たりが続き、決定には1年程かかってしいました。しかし、担当医師も協力的で最終的には一番良い結果で遡及も認められました。
また、共済年金と厚生年金は平成27年10月に統合しており、それ以降は、共済年金と厚生年金との制度の内容が統一されていますが、この方の場合統合前に遡って決定したため、当時の共済年金の「在籍中は障害年金が停止される」という在職支給停止が適用されました。そのこともあって、最終的に全ての事務処理が終わるまでには本当にお待たせしてしまいましたが、なんとかご本人のご希望の結果になりました。
上記記載のとおり、共済と厚生年金は統合されたとはいえ、まだまだ共済独特の事務処理などがありますが、所属の共済のご担当者と話し合いながら適宜進めて参ります。一人で悩まずにご相談ください。

障害年金とお給料は調整されません(20歳前傷病の支給停止事由を除く)。

ご入院中の方の場合、ご希望であれば、病室や病院のデイルーム等でお話を伺うことも可能ですので、お気軽にお申し付けください。