【10年以上前から障害等級3級 この度症状が悪化。別傷病も発覚。】
障害厚生年金 額の改定請求で2級に変更◆強直性脊椎炎 乾癬性関節炎 50代男性

10年以上前から「強直性脊椎炎」で障害厚生年金3級を受給している。
この度、別傷病を発症(まだ1年6ヶ月は経過しておらず)。
現在は、在籍しているが、休職になる予定。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
長年勤めていた職務を継続することも難しく、傷病手当金等の制度を使うことがいいのか、失業保険をもらうべきか、何をいつどうすればよいのかわからないとご連絡。
ご本人のお話から、

1 3級受給中の「強直性脊椎炎」の症状が悪化しており、主治医も悪化を認め、診断書を記載いただけるとのこと。
2 新たなご病気については、障害認定日がまだ来ていないので現時点では請求できない。
3 傷病手当金の前に会社独自の休職制度があり、その間、給料が出るらしい。
ということがわかりました。

まず、新たなご病気は1年6ヶ月経つまではご様子を見ることに。
そして、現状での得策として、まずは3級受給中のご病気の額の改定請求をしました。

結果 額の改定請求で障害厚生年金2級が決定!

・会社からの給与と障害厚生年金は調整されません。
・傷病手当金と障害厚生年金は両方はもらえず、障害厚生年金が優先して支給され、差額が傷病手当金から出るような形になります。
・傷病手当金と失業保険(求職者給付)は同時にはもらえません。
・失業保険(求職者給付)と障害厚生年金は調整の対象になりません。
といったように、制度がいくつも絡むと、何がなんだかわからなくなってしまい、今、自分がどこに行って何をすべきなのか?と悩んでしまいますよね。一人で抱え込まずにご相談ください。